2015年05月15日

大震災のときに売り切れたもの

東日本大震災のときにはいろんな

必需品が売れたのを今後の教訓にしたい。

このときに売れたのが、水、ティッシュにトイレット

ペーパーに紙おむつにレトルト食品、缶詰め、

懐中電灯、電池、牛乳などの生活必需品であった。

また、東日本日本大震災では

ガソリンスタンドに大行列ができた。

東京電力の原子力発電所が津波で崩壊したため

に東京では電力不足に陥り、計画停電に及んだ。

電池と懐中電灯が品切するほど売れたのは

この影響が非常に大きいと考えられる。

これを教訓にして常日頃から大震災に備えておく

必要があると思う。


posted by hidetaro at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: